ヘルペスの症状口唇ヘルペス

ヘルペスウィルスを原因とする症状に口唇ヘルペスがあります。口唇ヘルペスの原因は単純ヘルペスウィルスで、風邪、ストレス、疲れなどによって抵抗力が弱まると口の中や周辺に水ぶくれや発疹が発生します。なお、陰部にできる性器ヘルペスも同じウィルスが原因です。このウィルスは一度感染すると一生体内に巣食ってしまいます。そのため症状は繰り返されることがあります。

口唇ヘルペスにかかると、アシクロビルやビタラビン、バラシクロビル、ファムシクロビルといった抗ウィルス薬を特効薬として内服します。この薬によって短期間での回復が見込めます。

皮膚への症状は軟膏を塗ることで効果が見られます。治療が進めば5日くらいでかさぶたとなって完治します。市販でも治療薬は販売されており、アクチビアやヘルペシア、アラセナ−Aにアラセナ−Sがそうです。

性器ヘルペスの場合はまた治療方法が異なります。原則1年間の薬の内服が必要となっています。口唇ヘルペスを予防するためには、あらかじめ抗ウィルス薬を1年間毎日飲み続ける方法があります。

現在も口唇ヘルペスの研究は、東京大学や大阪大学で行われており、今後もより負担の少ない方法で予防できる方法が編み出されていくでしょう。


FX王道組合せ