ヘルペスは決して他人ごとではありません

ヘルペスは思いもよらぬときにでき、かゆみも痛みもないためになんだろうと思ってしまうこともあります。中には痛みを伴うようなヘルペスもありますが、ヘルペスの症状はたくさんあるため、一概にこれとは言い切れません。

ヘルペスとは何かというと、帯状疱疹や口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどに代表されるように、ウィルスによって引き起こされるものです。

ヘルペスウィルスは一般的なものであり、20〜30代の半分、60代のほぼ全員が持っているウィルスといわれています。たとえばストレスや疲れがたまったときに突然現れることがあります。

ヘルペスは普段は何でもないのですが、風邪や疲れによって出てくる湿疹です。この原因はやはり、子供のころに水疱瘡にかかったことがあるなどといったときにウィルスを持ってしまうことにあります。ヘルペスウィルスは1つではないため、病院を受診するときにはやはり罹患歴を把握しておきたいものです。

ちなみにヘルペスウィルスは水疱瘡や帯状疱疹を引き起こす水痘・帯状疱疹ウィルス、口唇ヘルペスやヘルペス性角膜炎などを発症する単純ヘルペスウィルス1型、性器ヘルペスやヘルペス性髄膜炎を引き起こす単純ヘルペスウィルス2型があります。


FX王道組合せ